本当に復活するのか?撥水力復活シートを比較!

洗車

フロントガラスに撥水剤を塗り込んでいる方も多いと思います。
私も常に塗り込んだ状態で走行しているのですが、いつも気になっていることがありました。それは塗り込んだのに雨が降らず、雨天走行で効果を発揮する機会が無いまま、ホコリや鳥のフンによってただ汚れるだけ、、いざ乗る時にウォッシャー液&ワイパーでキレイにして走行する、、皆さんもそんなことってないですか?

そうなると撥水効果が弱まってしまうので、また撥水剤を塗り込むのか?
これが意外と時間が掛かる、、そんな問題を解決するウェットシート!
今回はガラコとカインズのお手入れ撥水シートを比較したいと思います!

製品紹介

今回比較するお手入れ撥水シートを見ていきましょう!

SOFT99 『お手入れガラコ』

SOFT99の「お手入れガラコ」です!
定番の撥水剤ガラコを施工しているガラス面に使用することで、汚れを拭き取りながら撥水力を復活させてくれるウェットシートになります。
お値段は548円で10枚入りとなっています!

カインズ 『撥水クロス車の窓用』

CAINZの「撥水クロス 車の窓用」です!
こちらもCAINZのガラス撥水剤を施工しているガラス面に使用することで、汚れを落として撥水力を復活させてくれるウェットシートになります!
お値段は298円で10枚入りとなっていて、ガラコの半額で購入できます!

比較検証

本来は撥水剤が施工されたガラスに使用するのですが、今回は使用後の撥水効果を確認するため、撥水剤を落とした状態で検証していきます!

シートの比較

左がカインズ、右がガラコ
大きさはほぼ同じで、夏場に使うボディーシートほどの大きさでしょうか!

続いて素材感!
左がカインズ、右がガラコ
カインズは柔らかい素材で起毛があり、かなり液剤が浸み込んでいる感じ!
ガラコはツルツルした触り心地で、湿っているけどパリッとした感じ!

施工

フロントガラスの油膜を取って親水状態にしました!
左にカインズ、右にガラコのシートを使用していきます!

まずはガラコのシートから!
シートがツルツルしているので、ガラスを拭いた時も滑るように拭くことが出来ます!
逆に拭き掃除をしている感じはあまりしません、、
あと、、撥水剤もガラスに付いてはいるけど通常の塗り込み方式よりは全然少ない感じ!

次はカインズのシートです。
こちらのシートは水分(撥水剤?)が多めで柔らかい素材なので
しっかり拭いている感覚があります!

拭き終わったので近くで確認してみます。

左のカインズは水分(撥水剤?)が多いこともあってかガラスに水分が残っていて、ムラが出来ている状態です!

右のガラコは、シートの水っぽさも無かったこともあり、ほとんどムラも無い状態です!

撥水効果の確認

霧吹きで水をかけてみました!
両方とも撥水していますが、左のカインズの水滴の大きさと、右のガラコの水滴の大きさを見比べると、ガラコのほうが粒が小さく、しっかり撥水しているように見えます!

こちらの写真のほうが分かりやすいと思いますが
右のガラコのほうが水滴が流れていって、ガラスに水滴が残っていないのが分かります!
撥水性能としてはガラコのほうが優秀ですね!

評価

SOFT99『お手入れガラコ』

レビュー結果

お手入れガラコ

使いやすく拭きムラが少ない!

軽い汚れを拭くのに丁度良い!

撥水力が強い!

5

価格

8

品質

7

使いやすさ

7

総合評価

水分量が少なくツルツル素材なので、ガラスを撫でるように拭くことになります。
そのため撥水剤がガラスに定着するのか不安になりますが、しっかり撥水されます!
しかし、鳥のフンなど固い汚れは拭き辛いと思いますので、ホコリなどをサッと拭きたい場合に便利かもしれません、、が、価格が高いので洗車後に普通のガラコを使ったほうが良いかもしれません。あくまで緊急用ですかね?

カインズ 『撥水クロス車の窓用 』

レビュー結果

撥水クロス車の窓用

価格が安い!

拭きムラが残りやすい!

撥水力が弱い!

10

価格

3

品質

4

使いやすさ

5

総合評価

価格は文句なく安いです!
シートの水分量が多いためガッツリ拭きたい場合は良いのですが、拭きムラが出やすいです。クロスとかで仕上げ拭きをすると良いかもしれませんが、撥水力を求めるなら普通の撥水コートを塗ったほうが良いと思います!カインズの撥水剤も安いですし!

最後に

個人的にはお手入れガラコに軍配が上がると思います!
出かける直前など、時間の無い時にサッと吹いて撥水効果も持続させたい場合に使うと良いと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました